牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥    副題は他国のヒトにもみて貰えるかなぁ~って‥?Fortune smiles on a merry home

横浜市金沢区公園地下タンク蓋崩落事故 ~Collapse of an underground tank cover in a park in Kanazawa-ku Yokohama City

f:id:gyuuhomura:20200828125151j:plain


8月25日の夕方に起きたらしい崩落&転落らしい事故だけど、二次災害を恐れてかかなかなか救助に入れないようだね‥。

起工測量する前にタンクの位置でも探そうとしていたのかな?それにしても小さな重機で作業始めたね‥。蓋の上の土砂なのかそもそも地下タンクだから盛土して植栽で覆われていたんだろうね‥?

落とし穴にしてはチョッと大き過ぎるよね‥?それにしても60代男性は誰かは判っているんだろうけど、家族が心配しているとかそういう報道はないのは情報操作なのか?家族がいないのか?人命軽視なのか?

f:id:gyuuhomura:20200828121701j:plain

重機と操縦の男性が行方不明 穴に転落か 横浜

25日夕方、横浜市にある公園の造成現場から「重機が穴に落ちたかもしれない」と通報があり、現場では重機とともに、操縦していた男性の行方がわからなくなっています。

警察は現場にあった直径20メートル以上の穴に転落したとみて詳しい状況を調べています。

25日午後4時すぎ、横浜市金沢区にある公園の造成現場で「重機が穴に落ちたかもしれない」と消防を通じて警察に通報がありました。

警察によりますと現場には直径20メートル以上、深さが数十メートルある穴がもともとあいていて、この付近で残土の積み上げ作業をしていた重機がなくなり、操縦していた男性の行方もわかっていないということです。

警察は重機と男性が穴に転落したものとみて。あす26日、明るくなってから詳しい状況を調べることにしています。

現場は京急線金沢文庫駅から2キロほど離れた工場などが建ち並ぶ場所です。

 

60代の男性の所属も判らないし、元請けも不在で一人作業だったんだね‥。まぁ、ありそうな事故だね‥。ビックリしたろうな‥落ちたらしい人‥

元請けも下請けも孫請けの社長も安全書類も雇用契約もなくて急いで作成いているのかな?コメントもないしね‥普通発注者の横浜市のコメントくらいありそうだけど‥。横浜市は想像以上に役所が威張っているからね‥。

もっと大騒ぎしそうだけど、家族が居ないのかな?

f:id:gyuuhomura:20200828121751j:plain

 重機操縦の男性不明 返還された軍用地下燃料タンクに転落か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25日、横浜市にある公園の造成現場で盛り土の搬入をしていた60代の作業員の男性の行方が、乗っていた重機とともに分からなくなりました。

市によりますと現場はかつてアメリカ軍などの燃料の貯蔵基地があった場所で、警察などは深さおよそ30メートルの地下タンクに転落したとみて、26日も捜索を続けることにしています。

横浜市などによりますと25日夕方、横浜市金沢区長浜にある公園の造成現場で、盛り土を搬入する作業をしていた60代の男性の行方が操縦していた重機とともにわからなくなりました。

現場はかつて旧日本海軍やアメリカ軍が燃料の貯蔵基地として使用した、「小柴貯油施設」の跡地で、これまでの調べによりますと燃料をためるために使われていた直径およそ45メートル深さおよそ30メートルの地下タンクのふたの一部が崩落しているのが見つかったということです。

市はこの部分から男性が重機とともに地下タンク内に転落したとみていて、警察や消防は現場の安全を確認しながら、きょうも捜索を続けることにしています。

「小柴貯油施設」は平成17年に返還されたあと、公園の造成が決まり、ことし5月から盛り土を運び入れる作業が始まっていました

『盛土を運び込む‥』って書いてあるけど、他社の記事では『下水道工事の残土を運び込む‥』って書いてあった様な‥?コレって公園造成の本体工事じゃないし、市有地を残土捨て場にしていただけだよね‥建設残土だって産廃だから処分に困って市有地に処分するよくありそうなハナシ‥

するってぇと造成工事の元請けとか関係ないか‥いずれにしろ横浜市の発注だからね‥。カジノを誘致するとかの予定地ならもっと騒ぐのだろうけど‥。

廃油が返還まで貯蔵されていたのかな?産廃処分場にして平地にすればいいのに‥?いずれにしても施工会社もドコが管理しているか不明確なパターンだね‥広すぎるし、横浜市は知らんぷりだし‥

 

横浜 重機転落事故 地下タンクの水を抜き作業員救助へ

かつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用し、横浜市の公園として造成されている土地で重機を操縦していた作業員が深さ30メートルの地下タンクに転落したとみられる事故で、救助活動の前に、タンクにたまった水を抜く必要があるため、横浜市はポンプでの排水作業に向けた準備を急いでいます。

25日夕方、横浜市金沢区にある公園の造成現場で、盛り土の搬入作業をしていた60代の男性の行方が操縦していた重機ごと分からなくなりました。

現場は、かつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用した「小柴貯油施設」の跡地で、男性は重機とともに燃料をためるために使われていた直径およそ45メートル、深さおよそ30メートルの地下タンクに転落したとみられています。

男性は当時、タンクの近くでダンプカーから降ろした土を重機でならす作業をしていて、警察によりますと、25日午後1時ごろに別の作業員が重機を確認していましたが、およそ2時間後になくなっているのに気付いたということです。

男性が操縦していた重機は重量が20トンほどだったということです。

地下タンクは、ふたの一部が崩落していて、横浜市によりますと、中には深さおよそ9メートルの水などがたまっていると推定されるということです。

このため救助活動の前に水を抜く必要があり、26日午後から排水ポンプを5台投入するための土台の設置や、周辺の整地作業を進めています。

横浜市は排水作業を終えて安全が確認できしだい、救助活動を始めることにしています。

近所の人「地下タンク知らず」

近くに住む77歳の主婦は、転落したとみられる男性について「仕事をしているときにこういうことになって、気の毒です。早く見つかってほしいです」と話していました。

女性によりますと公園の造成工事が始まる前「小柴貯油施設」の跡地は、敷地内を通り抜けることができたということで、「7年近く住んでいて、地上部分にタンクが残っているのは知っていましたが、地下にもあるとは知らずびっくりしました」と話していました。

また、近くに住む76歳の男性は「昔、燃料の備蓄基地だったというのは聞いていましたが、今は施設は撤去されていると思っていたので、まだ地下のタンクが残っているとは知りませんでした。ほとんどの人は知らないんじゃないかと思います」と驚いた様子でした。

横浜の米軍施設返還状況

横浜市によりますと、第二次世界大戦後に進駐した連合国軍が、市内中心部や港湾施設などを広範囲に接収し、接収された土地は市全体で最大で1200ヘクタールありました。

昭和25年に始まった朝鮮戦争の影響で接収された施設の需要が高まり、昭和27年にサンフランシスコ平和条約が発効したあとも、改めてアメリカ軍に提供され、市内には最大で112の施設があったということです。

しかし、接収の解除を求める運動の機運が高まり、昭和27年には大さん橋や今の横浜スタジアムなどが返還されています。

その後、断続的に返還され、今回、事故が起きた53ヘクタールの金沢区の旧「小柴貯油施設」は、戦後60年の平成17年に返還されました。

また、最近では横浜開港150周年にあたる、平成21年に横浜市神奈川区の「横浜ノース・ドック」の一部2.7ヘクタールと、横浜市金沢区の旧「富岡倉庫地区」の全域2.9ヘクタールが返還されています。

さらに、平成26年には横浜市泉区の旧「深谷通信所」の77ヘクタールが、平成27年には横浜市旭区と瀬谷区にまたがる、旧「上瀬谷通信施設」の242ヘクタールがそれぞれ、返還されました。

返還された施設の跡地については、公園として整備するなど横浜市が活用を進めています。

一方、現在でも返還されていないのは、広さが合わせて150ヘクタールに上るアメリカ軍施設4か所と、アメリカ軍の船の停泊などのための水域2か所です。

このうち、横浜市中区と南区、それに磯子区にまたがる「根岸住宅地区」の43ヘクタールと、横浜市金沢区などにある「池子住宅地区及び海軍補助施設」の1ヘクタールについては、平成16年10月に日米両政府の間で、返還することで合意されています。

  

記事だって、跡地の説明だけで行方不明者への言及と安全対策への言及が無しだね‥。メディアになにか掴ませているのかな?

跡地にしても発表されたことの垂れ流し記事だ‥。なにも記者サンが調べた形跡なしだね‥

最近はNHKは会見を垂れ流しだからね‥。ライブ配信だと発信者が発言したことが事実じゃなくても全国に広げられちゃうしね‥危険だよ‥NHK 

 

横浜 重機転落事故 水を抜く作業 あす昼前までかかる見通し

横浜市でかつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用し、いまは公園の造成が行われている土地で、重機ごと深さ30メートルの地下タンクに転落したとみられる作業員の救助が難航しています。現在、タンクにたまった水を抜く作業が行われていて、あす(28日)昼前までかかる見通しです。

25日夕方、横浜市金沢区にあるかつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用した「小柴貯油施設」の跡地で、公園の造成に向けた作業をしていた60代の男性の行方が操縦していた重機ごとわからなくなりました。

燃料をためるために使われていた直径およそ45メートル、深さおよそ30メートルの地下タンクのふたが、一部崩落していて、男性はおよそ20トンある重機ごとタンクに転落したとみられています。

横浜市によりますとタンクには、底からおよそ9メートルの高さまで水や土砂がたまっていたと推定され、救助活動の前に5台のポンプを投入して排水作業が続けられています。

水は、近くにある別のタンクに排出されていて、午後3時の時点で、水位は2メートルほど下がったものの、これまでに男性や重機は見つかっていないということです。

排水作業は28日の昼前までかかる見通しで、市は残っているタンクのふたの崩落を防ぐ作業を行ったうえで、排水が完全に終わらなくても安全が確認できれば、救助活動を始めたいとしています。

タンクのふたには草木生い茂る

横浜市によりますと、「小柴貯油施設」の跡地には地上と地下のタンクが大小合わせて34基あるということです。

タンクは、ふたがあるものとないものがそれぞれあり、事故があった地下タンクはふたがあるタイプでした。

タンクのふたの上には草木が生い茂り、時間の経過とともに自然に土が堆積し、草木が生えたとみられるということです。

ふたの周辺に柵は設置されていませんでした。

転落したとみられる男性は、タンクの近くでおよそ20トンある重機を操縦して盛り土をならす作業を担当していて、25日の午後1時ごろは、別の作業員が重機があるのを確認していますが、その2時間後には重機がなくなっていたということです。

20トンの重機はいわゆる0.75とか1.0m3ってヤツだね‥。そんな重機はバラシて持ち込んで現場で組み立てだよね‥

それにしても落差20mを揚水するにはかなりのポンプが必要だけど、もっと革新的な水位を減らす方法を執らないと‥ってどうせ生きていないと思ってんだろうな‥のんびりしているし‥

f:id:gyuuhomura:20200828125151j:plain

横浜 重機転落事故 救助活動で重機の一部を確認 作業員は不明

横浜市でかつてアメリカ軍などが使用し、いまは公園の造成が行われている土地で、重機ごと地下タンクに転落したとみられる作業員について、消防はタンクにたまっていた水かさが減るなど安全が確認できたとして、28日朝早くから救助活動を進めていて、午前中、転落した重機の一部が確認されました。

今月25日、横浜市金沢区にある、かつてアメリカ軍などが燃料の貯蔵基地として使用した「小柴貯油施設」の跡地で、公園の造成に向けた作業をしていた60代の男性の行方がわからなくなりました。

燃料をためるために使われていた直径およそ45メートル、深さおよそ30メートルの地下タンクに20トンある重機ごとタンクに転落したとみられていますが、タンクに水や土砂がたまっていて救助は難航していました。

26日の夜からポンプで排水作業が進められ、横浜市によりますと、28日午前4時半ごろ、タンクの中に崩落したふたを支えていたとみられる鉄骨が確認されたということです。

タンクの水は残っていますが、水かさが減り、残っているふたの鉄骨を固定するなどして安全が確保できたとして、28日午前5時ごろから救助隊員がタンクの中に入るなど活動を始めたということです。

消防によりますと、28日午前10時45分ごろ、転落した重機のキャタピラーの部分が確認されましたが、これまでのところ男性は発見されていません。

消防はタンク内にボートをおろし、救助隊員が水中に潜るなどして男性を捜すということです。

救助の消防署員だって、『残った鉄骨トラスの蓋の安全が確認された‥』なんて信用できるのかな?殉死でも家族は困らないくらいの恩給が付くだろうけど‥危ないなぁ~?

水位が減って、地下タンクの壁面自体の強度のバランスも気になるよね‥って言っていると何も始まらないからエイヤなんだろうけど‥?消防署員さんご苦労様です‥

残土捨て場なんて出来形に関係ないし、安全対策とか特に何もしないでいた施工会社のケツを拭かされるんだから‥可哀想だね‥ってソレが仕事ってコトだね‥?今後の横浜市に注視だね‥