牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥    副題は他国のヒトにもみて貰えるかなぁ~って‥?Fortune smiles on a merry home

再度リハビリ釣り

イメージ 1釣り好きの友人が帰国したので釣りに誘った。
“渓流釣り”は釣りの上手い下手など特に無く、何処まで歩くか‥
魚の居る所に餌を落とす(毛ばりでもいいけど)かにかかっていると信じている。
この日はスキーに登る為の「シール」と言う装備を装着して歩いて雪深い上流部へ。

 

イメージ 2今年は雪が多いから川が出ているか?
心配だったが、とりあえず穴発見。
雪で押し潰された潅木が水面を覆っていて、釣り糸をたらしづらい
てきぱき準備し釣りにかかる
天気はまずまずだったけど、眩しいとカメラが雪を灰色にしちゃうね
┐( ̄ヘ ̄)┌

 

イメージ 3友人は「ブドウムシ」僕は「ミミズ」
穴は深く、落ちたら上がって来れそうもない。
一人で釣りに来るのはチョッと危ない。
二人でも落ちたら一緒だけど‥

 

イメージ 4程なく一匹!
やっと今年の一匹目(*^ー゚)v
長い冬を真っ暗な雪ノ下で辛抱していたのだろうガリガリに痩せてる。
せっかく春を迎えたのに、ごめんね。
チャンと食べるからね。

 

イメージ 5友人に先行されたが、僕も調子良く釣り上げる。
まずまずの型、このくらいあれば食べ応えがあるね。

 

イメージ 6一匹だけで帰ろうと宣言していたのに、結局争うように釣り上げ、寒いので終了。
結局二人で30分位に7本。
やはり横着しないで、足で釣らなくては!

 

イメージ 7下山はシールを外してスィーって車まで滑ってこようと思ったけど、横着して保存用のワックスを剥がさないで来たので、滑らず下りも歩く羽目に‥
真っ黒になっているのは、ワックスにこびり付いた雪の汚れ。
雪の汚れは空気の汚れって事なのかな?

 

夜は都合が合わず、冷凍しておいて後日友人宅で岩魚料理大会をする事にする。