牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥    副題は他国のヒトにもみて貰えるかなぁ~って‥?Fortune smiles on a merry home

亡父の遺産を次世代に‥

昨秋亡くなった父から受け継いだもの‥いろいろあるけど‥無形遺産というコトで‥
父の得意だったスキーと水泳かな‥ あと何事にも真っすぐに取り組むまじめなトコ‥

父は昭和初期に埼玉は川口の鋳物問屋の七人兄姉弟の倅のひとりとして生まれ、戦後の混乱期に世間が食料の買い出しというか物々交換に汽車で都市部と農村部を往復している最中に、長いスキーを持って父のお兄さん達と隠れる様に雪山に向かってスキーに興じていた‥ってハナシ‥。

父の次世代のボクら兄妹は満遍なく?父によるスキーの英才教育(手ほどき程度)を授かった?かなぁ~
父のスキーは“アールベルグスキー”と言っていたが、要はスキー発祥のオーストリアのスキーメソッドってハナシ‥
いわゆる文部省管轄の連盟とかのデモさんのフォームともかなり違っていたかな‥
後年に映像でみた猪谷千春さんのポールを潜るフォームに酷似していたかな~
父とより友人とスキーに行くようになった学生時代に8ミリビデオで撮って貰ったフォームが、父のフォームにそっくりで、かなり驚いた‥

そんなボクは、当時流行っていたスキーのバッチテストとか全く興味がなく、楽をして雪山に登ろうと、風利用のスキー登山を目指し、舶来の『UPSKI』と、そのゲレンデへのアプローチとして山スキーへ‥って移行したのかな?
まぁ、長野県に越して来たのも山とスキーが好きだったからなんだけど、越してくる前にはアルペンスキーから他のスタイルのスキーに移行していたんだけど‥

第一幕の旧宅時にはそんな海に山にソコソコ楽しんで生活していたんだけど、第二幕に移行して殆ど仕事漬けのツマラナイ生活に‥そんな第二幕も既に10年‥二幕になってからスキーは全く履いていないし‥殆ど旧宅取り壊し時に処分してしまった‥

そんな昨年末に旧宅時代の友人というか、スキー界ではスター的なヒトからスキー学校の講師が足りないので手伝ってほしい‥
って、連絡が昨年末と新年にあり‥アルペンスキーも靴も既に持ってないコト、20年以上やってないコト‥を伝えたけど、よっぽどヒトが居ないらしく‥

ソー言えば、志賀のスキー学校の校長をやっている学生時代の先輩(ワイン用ブドウの仲介してもらっていた先輩)もいつもスキーのイントラ居ない?」って言っていたし‥人材派遣業も大変だなぁ~って‥

イメージ 1で、自宅から通いでしばらく行ってきました。場所は助役サマの御実家のすぐ近く‥
正月にはあいさつに寄らせて頂いたけど、やっぱり奥さんの御実家は敷居が高いよねぇー
素通りです
最初は一人で気ままに通いましたが、そのうちに旧宅時代の友人も参戦する時は経費節減で自宅近くで待ち合わせて同乗して通勤‥
久々に近況を報告しあう感じかな?

イメージ 2 イメージ 3
まぁ、スキーって竹馬や自転車みたいなモノで、20年やってなくてもアルペンスキーは何とかですな‥。指導方法のプリントを貰ったけど、まぁなんとか‥結局は父に教わった感じで伝える様な‥

生徒さんは地元、隣県、首都圏の小中学生かな‥彼らの両親はボクよりもひと回り以上っ若いよね‥すでにスキーは流行っていない時代の御両親‥。家族でリフト代とランチ、道具のレンタルなんかしたらかなりな出費‥ってコト‥
多くのお子さんは学校でのスキー学校以外にはスキーは体験しないみたい‥だよねぇ~よっぽど両親が好きでなきゃ‥

リフトに同乗したときに、学校のコトとか教科のコトとか教えて貰う‥ふ~ん‥
今は下手に若年層に接すると“お縄”になる時代だし‥姪っ子以外に子供たちに接するコトのないボクだけに、とても新鮮な体験をさせて戴いたかな‥
それよりも、生まれて初めてスキーを履く子供たちが、午前午後と上達の遅い早いはあるけど、「楽しいっ!!」って言ってくれる笑顔が、一番の収穫だったかなぁ~

この世に種を残していないボクにとって、父から受け継いだ無形遺産?を少なくとも後世に少し受け渡すことが出来てチョッと嬉しい仕事でした。年末に購入し直したパソコン代金の補填も少し出来ると思います‥。