牛歩村日記? Like a snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥

撥ね飛ばされた転がる石‥-Like A Rolling Stone-

実家で用事を言われ、実母の自転車で近所におつかいに‥
故郷もそれなりに懐かしいので、チョッと遠回り‥

ボクの実家は荒川水系都幾川の‥ チョッとした河岸段丘の上にある‥

崖線からはチョッと離れているんだけど、その崖線の下部は長閑(のどか)な農村地帯‥
イメージ 1 イメージ 2
こんな金網は、無かったのだけど‥。崖線上に竹藪があって、タケノコって採って来るモノで、買うモノだとは知らなかった。
この下の農家に豚舎があって、豚夫婦が飼われていて、繁殖期には出産の時かな?夜に空前絶後な鳴き声が響いて‥よく目を覚ましたモノ‥
崖線下は学区も違い、たびたび縄張り争いの抗争が勃発したモノ‥。

イメージ 3このマンションが崖線上に建つまで、見晴らしがよく富士山まで見渡せるなかなかのロケーションの実家だったけど、チョッとまとまった土地だったため、平成初期に地上げされてマンションが出来てしまった‥
トホホ‥

6年前かな?春先の強風時に集団お散歩中の近所の保育園児の列に足場が倒れて2人の園児が死傷した事故現場ですな‥。
イメージ 4管理するのは、色々なトコの広告主になているD建託‥
建築主は、地主であり建築主のヒトのはず‥
当然として、足場を組んだ業者に業務上過失致死の責任が問われたけど、当日の春一番はなかなかの強風だったのに散歩をしていたコトはお咎めはなかったみたい‥
見れば電線に引っ掛かって倒れなそうにも見えるけど‥
どちらにしても、合掌‥

平成半ばまで開発が進んだように感じたこの辺りだけど、区画整理が進まず普通車の擦れ違えないような峡細路が残ったまま‥。路面を良く見れば下水道の工事がされていない様子‥取り残されてるね‥

お陰で‥ぼくらが『かぶとやま』って呼んでいた雑木林‥ まだ一部残っていた‥。
兄を含めた近所の子供で列をなして昆虫採集に向かったモノ‥当然、先頭の子が大物を採取することになる‥。ボクは序列では後ろの方だったなぁぁー。
イメージ 5 イメージ 6
そんな、その林と農村部を繋ぐ山道を友達と自転車2台で走っている時に、坂道を凄いスピードで下って‥後ろの友人の自転車は迫って来るし‥って、下の農道に飛び出したら‥

女性が運転する車に弾き飛ばされた‥。痛かったな‥。女性もビックリしていたけど、ボクも飛び出してチョッと悪かったなぁーて‥思っていて、大丈夫ってコトにしたんだなぁー

イメージ 7家に帰っても、なんだか親に怒られると思って、車に撥ねられたコトは言わなかったなぁー。
特に大事にならなくて良かった様な‥

しっかし、撥ねられたのに良く大丈夫だたな‥