牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥

『ジャイアントロボ』最終回のロケ地の思ひ出‥

たまに自作動画をココに載せる為にyoutubeに投稿するんだけど‥
youtubeに投稿する前は、名前忘れたけど他の動画投稿サイトを利用していたけど、やっぱりと言うか‥
淘汰されてサービスを停止してしまう‥ので、そのあたりの動画はパーになったな‥トホホ‥

そんな動画投稿していると、いろいろAIサマが考えてボク好みの動画を提示してくれる‥?
で、幼少の頃に再放送を観てボクの中でもほぼ伝説化していた『ジャイアントロボ』の最終回のロケ地を改めて確認出来た‥。

HGウェルズ著の『宇宙戦争』の挿画の火星人の様な『ギロチン帝王』との最後の闘争の舞台に選ばれたのが、比企郡吉見町の『吉見百穴』であった‥

イメージ 1 イメージ 2
そうそう、このシーンは当時テレビで見たし‥。当時の吉見百穴は、結構流行っていたな‥
隣の『岩窟ホテル』だって並んで入場したし‥

イメージ 3 イメージ 4
物語は、大作少年の制止を振り切って?ギロチン帝王を抱えて宇宙空間まで飛んで行くジャイアントロボ
「ロボっ!帰って来るんだっ!ロボっ!!」って大作少年が叫ぶ有名なシーン‥
ギロチン帝王を抱えたまま宇宙空間で隕石に激突してジハードするジャイアントロボ
そしてそれを見上げ涙する国連秘密警察機構(ユニコーン機関日本支部隊員)達‥。
涙なくしては見られない最終回とは、この作品と『フランダースの犬』くらいかな‥

製作されたのは1968年ってコトで、あのスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』の公開と同年ですな‥。
ロボットが人間サマの命令を無視して暴走したり善行に走ったり‥。
今の“AI”ブーム警鐘の先駆けですな‥



吉見町の他の石切り場や高坂方面の秩父セメント(当時)の石灰石の鉱山跡でも戦隊モノやヒーローモノのロケをやっていた‥って噂は子供の頃にいろいろ飛び交っていたけど、実際に放映を確認していたのはコレくらいかな‥?