牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥    副題は他国のヒトにもみて貰えるかなぁ~って‥?Fortune smiles on a merry home

箱根駅伝de土木遺産鑑賞と祝賀会の飲酒に想う‥

箱根駅伝』って特に興味はないんだけど、昔は正月の挨拶の先々でテレビ観戦しており「だれそれの学校は何位だ‥」等々のハナシで話題になっていたり‥

昨日スタートを観てたら6年前に一般参賀行った時についでに観たなぁーって‥
思いながら、夜にニュースで結果を観たら往路は結構僅差だったんだね。
ついでに僕の母校は出てないらしいし‥

で、今朝も雪掻きを早々に切り上げてスタートだけでも見てみようとテレビをつけてみたら、芦ノ湖畔のケヤキには寄生木が付いて居たり。興味津々‥。で、観ていたら‥箱根湯本駅芦ノ湖側にコンクリートローゼ橋らしきのを発見‥
で、調べてみた‥

上流側が『千歳橋』昭和5年竣工、下流側は『旭橋』昭和8年竣工とのこと。その二つの橋に挟まれ関東大震災で崩れた国道1号を復旧する為に『函嶺洞門(カンレイドウモン)』が竣工は昭和6年。

イメージ 1 イメージ 2
千歳橋と旭橋は、鉄筋コンクリート造タイドアーチ橋とのコトで、ローゼ橋とはちょっと違うとみたい。

イメージ 3 イメージ 4
タイドアーチ形式は、軟弱地盤を考慮し,基礎への負荷を軽減できるとのコト‥。

ローゼ橋は、補剛桁とアーチ部材の双方で曲げモーメントを分担する補剛アーチ橋であり、アーチ部材と補剛桁がほぼ同程度の部材厚を持つことが外見上の特徴となるとのコト‥。
うーむ‥。

イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14 イメージ 15

イメージ 5 イメージ 6
函嶺洞門』は,関東大震災によって崩壊した断崖の直下に築かれた,鉄筋コンクリート造の落石防護施設で、2014年にバイパスが出来るまで供用され現在は通行止め‥

イメージ 7 イメージ 8
幅員が足りなくなって来ているコトが、新道建設の要員だったらしい‥

イメージ 9
学生の頃にハンググライダーを習いに箱根に通ったんだよねぇー夏休みだったかな?
箱根湯本からR1をチョッと下ったトコにお店があって、伊豆スカイラインの山伏峠か玄岳辺りにバンで乗り合せたねー。懐かしいネェー。まだパラグライダーがチラホラ国内で観られ始めた頃だしねぇー

イメージ 10
いつも箱根新道で通ったから、旧道とか仙石原の方はあんまり知らないんだよね‥

イメージ 11
一回だけ甘酒茶屋に寄って、『麹で造った甘酒』って呑んだコトあったな‥今でもあのままみたいだし
昭和初期の地形図にも標記されてたよ(^_-)

箱根駅伝は、郷里の近所の大学が多いしだもんで地元埼玉の高校出身者が多いものだよなぁー
でも、最近は高校生の頃から越境で遠くから通っているみたいだし、何処の土地のヒトか判らないよねー

メインスポンサーはサッポロビールだけど、未成年の大学生はビールで乾杯出来ないんかなぁー
しちゃイケナイのだろうし、選挙権が18歳になると飲酒可能年齢も引き下げられるのかな?

まぁ、アスリートは喫煙はしないんだろうケド‥ドウなんだろ?
祝賀会で一部の学生はコーラとかで、上級生とOBと支援者がビールだったりして‥滑稽ですな(^_-)