牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥

『ラ・ラ・ランド』(2016) 『セッション』(2014)でパワハラ考察

【『ラ・ラ・ランド(LaLaLand)』2016年米国】
イメージ 1テレビCMでレンタル開始って言っていたので助役サマが新作?準新作?のどちらかで借りて来た。先冬に地元のシネコンの安売チケットで映画を見に行った時に『ラ・ラ・ランド』の予告を見たのかな?家の地デジテレビ画面で見るより、映画館の大画面(って言ってもシネコンの小さな画面‥)で見るならコッチかな?って思っていたけど‥

 ロサンジェルスが舞台で数々の映画の輩出地で舞台となっているハリウッド、『1941』で三船敏郎扮する潜水艦艦長が勘違いして破壊する木製埠頭(観覧車なし)や、『理由なき反抗』でジェームスディーンがチキンレースで対抗グループと対決?するグリフィス天文台なんかが多数出て来て、ラストの流れが『シェルブールの雨傘』(1964年仏)ぽっかったりと、往年?の映画ファンには堪えられない作品かな?
みんなボクの両親の青春時代の映画ですな‥


脚本・監督のデミアン・チャゼル氏は、1985年生まれのボクから見ればかなり若者で、昔の映画を良く知っているし大枚集めて沢山のスタッフと出資者に自分の意志を貫いて作品を製作するなんて‥
素晴らしい‥し、実は物凄いパワハラ監督だったり‥
実際、初志貫徹型?カリスマ経営者やボクの業界だった現場監督なんかも優秀かつ利益を出せるヒトは全てパワハラそのモノですな‥。まぁ舐められたら仕事は進まないって‥?でも、配下のヒトは楽しくないんだよね‥

パワハラ監督”って言えば‥前作の
【『セッション(原題 Whiplash)』(2014年米国)】
イメージ 2BSで放送されていたのを助役サマが録画しておいたもの‥
監督、脚本:デミアン・チャゼル
第87回アカデミー賞で5部門にノミネート、J・K・シモンズ助演男優賞を含む3部門で受賞とのコト。
ジャズドラマーと鬼監督の狂気じみたハナシなんだけど、当時パワハラで悩んでいたボクも助役サマも観終わってからの気分がかなり悪かった様な‥


チャゼル監督が2010年に『ラ・ラ・ランド』の脚本を執筆し、当時脚本に変更しないでの出資者が見当たらず前作の『セッション』(2014)を成功させて出資者を得たって順番とのコト‥


今でも劇中挿入曲『Whiplash』がたまにテレビ番組での効果音で使われるのを聞くと苦しくなる‥かな?

盆休み初日に早々とレンタルビデオ屋大手の「TUTAYA」にDVDを返却に行ったのだけど、『旧作80円/週』とかなりなディスカウント‥。ソレでも多くの市民が入れ代わり立ち代わり車で出入りしていた。
既にこのレンタルビデオって業界も消滅の方向にあるのだろうなぁ~?
ネットで視聴するのはまだやったことないけど、わざわざ車に乗って事故のリスクを背負って出掛けるコトも無いよねぇ~。