牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥    副題は他国のヒトにもみて貰えるかなぁ~って‥?Fortune smiles on a merry home

大日向山太陽寺宿坊泊《その1/2》

 助役サマと共同生活を始めてからは、毎年実両親を招いて宿泊会をして疲れ切って貰い帰玉して貰っていたけど‥毎年あの手この手でおもてなしに頭をひねるんだけど‥

 

 今年は、善光寺か戸隠の宿坊辺りでドウかな?って調べていたけど、さすがに実両親もお歳で新幹線でやって来るのも面倒だろうと、迎えに行ってそのまま宿泊出来るトコ‥?って探しはじめ‥
秩父の旧大滝村の大日向山太陽寺って宿坊が比較的人気がある様なので、問い合わせてみる‥

 

 何度か電話してもお経を唱えているのか、なかなか繋がらなかったけどそのうちに住職らしきヒトが応対してくれた。なにやらその週末はヨガのイベントがあり、“全ての宿泊者は参加しなくてはならない”とのコト‥
ヨガ好きの助役サマには良い誘い水?なんだけど、実両親は‥ボクの幼少の頃から体操クラブに参加している実母はいいとしても、近頃なんでも面倒くさい態度の80代の実父は如何に?チョッと心配‥
 そんなコトより、通常料金は¥9kなんだけど、このイベントがあると+¥3kで¥12k!になってしまうという‥う~ん‥。まぁ、他の流派?のヨガとや首都圏でヨガを楽しむ若い娘さん達が多いのかなぁ~?って勝手に想像したりして‥。『あらあら、介護がタイヘンな中年夫婦が参加してるし‥』って同情の眼で見られたらヤダな‥って思ったりして‥

 

 その後、携帯電話に女性から電話があって太陽寺のイベントスケジュールと、「“マイ箸&マイカップ”を持参する様に‥。詳しくは太陽寺HPから内容を見てくれとの意味の電話を貰う。もし箸やカップを忘れてしまったらドウなるのかとか聞いたけど、特になんともないみたいで、洗うのが嫌だとか他人の使った箸は汚いとかの思想ではないみたいだった‥。

 

 良く判らないけど、太陽寺の場所を利用してヨガスタジオが外部委託で

 

 さて当日です。今年は7月上旬に梅雨明け“されたとみられ”それから毎日身体も慣れていないからか酷暑が続いていて、夜はなんとか涼しい信州から酷暑で有名な埼玉県中央部に近寄るのも‥怖い‥
夜のうちに帰玉して一泊して朝から出発するか?早朝に長野を出るか考えたけど、暑い夜がヤダので後者を選択‥待っていたかもしれない実両親には申し訳ないコトをしたし‥
 それにしてもアノ暑い埼玉県内陸部で過ごしているなんて‥さぞ、毎日辛いでしょうね‥*1

 

 前フリが長過ぎで本編に入る前に疲れちゃいました‥。毎度イロイロ寄り道してたのでR140から大血川(オオチガワ)沿いにグイグイ奥に進むし、大血川の観光釣り場はボクが中学生の頃から営業しているし、潰れてないんだね?修学旅行とか林間学校とかの安定入場者があるのかな?

 

 川から離れて尾根沿いに登り空が広くなって来た頃に入口が見えた。
イメージ 1 イメージ 2
枝道に入ると‥お寺が見えたし、もう少し開けた尾根上かと思ったけど山の中腹ですな‥

 

イメージ 4 イメージ 5
駐車場に車を停めお寺に向かう。地元熊谷ナンバーと関東圏が多いかな?
おてらの周囲には石楠花をを沢山植えているらしい、アレの花期は6月だからもう終わっているし‥。

 

イメージ 3 イメージ 6
既に到着しているヒト達も‥この週末の募集人員は25人位だったかな?縁側で寛ぐ人がチラホラ‥
「こんにちはぁ~」‥あれ?無反応‥?   玄関?で靴を脱ぐ我が同行者‥同行四人だす‥

 

イメージ 7
正面の入口から入ると、4人連れなんで「○○サンですね‥」って薄暗いなかで女性の声がする。
眼が慣れるとイカにも“ヨガ?”って感じの女性がニコニコ紙を差し出して、「同意したらサインして下さい」って‥なにやら、ココで起こった事故や事件やヨガ講習中にナニがあっても主催者を訴えないし、主催者も責任を取らない&一切返金もしないって内容だ‥。チョット待ってよ‥
ココで納得行かないって、僕らは車だから帰るのは可能だけど、電車のヒトはドウするんだろう?わざわざ電話をして来たんだから、興行の責任放棄の意思はその時に伝えるか、誘致のホームページに小さな文字ででも書いておいて欲しかったね‥。
そもそも、こんな同意書欠かせたトコで主催者に落ち度があって事故があって訴えられない訳がない‥。
当人が死んでしまっても、遺族が黙っていないし‥。そんなコトも知らないで客を呼ぶなっ!って感じ‥
コレからの成り行きに少々うんざりしながら、黙ってサインをしている参加者は“おとな”だなぁーって感心‥

 

さて、我々は四人組なんで個室を希望していたので案内された。他の参加者は男女ペアで参加しているヒトや女子だけ男子だけのヒト。女子は二人組とかで参加しているらしいヒトは居たけど、男子は単独参加なのかな?基本的に男女は別の相部屋なんで男子は手持無沙汰で開け離れた掃き出し窓から外を眺めて視線を合わせない様に努めている‥典型的な初見男子の集う姿‥

 

 さっそく離れの禅堂に登ってヨガ講習です。その前にヨガの主催者の女性からミーティングと称してコノイベントの説明‥。部屋割り、時間割、施設の説明とかがあるのかと期待したけど、なんだか自分のコトと夕飯と風呂のコトを喋って「ナニか判らないコトは在りますか?」だって、判らないコトだらけであんぐりしてしまう。避難路とか、消火器の位置とか説明するコトあるだろうに‥他のメンバーもオトナなのかだんまり‥。ボクも質問があり過ぎたけど、ココで質問すると同行者が嫌がるので黙っていたし‥

 

イメージ 10禅堂の床にヨガマットやタオルを敷いてヨガ講習です。助役サマの普段習っている先生のヨガの流れとはほとんど一緒で、生徒達に話し掛けるセリフまで殆ど変わらない‥。
マニュアル通りなのか?流派なのか‥?
施設の説明がなかった為、ウチの助役サマは講習中にトイレに行きたくなり、はるばる石段を降りて本堂の便所まで行ったらしい。休憩時間に他のヒトが禅堂の裏に吸い込まれる様に行くのを見てたら、すぐ裏に便所があった。施設の説明をしてくれればいいのに‥。ヨガのヒトって魂が解放されちゃってて常人の感覚とかけ離れちゃってて困ったモノ‥

 

講師が「普段の心に蟠る(わだかまる)コトから解放されて‥」みたいなコトを言うんだけど、『アンタだよ‥ココに来て蟠ったよ‥』って少々うんざり‥

 

助役サマに「便所ソコにあったみたいだよ」って言ったら、助役サマ曰く「ココで財布とか無くなったとか言われたら、真っ先に疑われるんだろうな‥」とのコト‥。
鍵からも解放されてしまっている空間では、宿泊者に必要以上の不安を与えるコトは無いほうがいいね‥

 

ヨガが終わったら住職に交替して座禅です。やっとまともなヒトが現われたかとチョッと安心‥。
座禅は初めてじゃないけど、ココは座布団が高く座禅用に出来ている様なので脚がそれ程痛くならなかった‥
イメージ 8 イメージ 9
ソレにしても山の斜面からせり出して建てられた善堂の窓からの景色は大血川対岸の山の斜面が見え、かすかに川沿いに走る車の走行音がまれに聞こえるだけ‥。
施設の景観と環境には感嘆である。小鳥の囀りと蜩(ヒグラシ(蝉))の音に身を委ねてチョッと足が痺れて来たけど、こんな座禅環境は(座禅2回目だけど)素晴らしいの一言‥

 

さて、次は読経です。本堂に移動して読経の栞みたいなモノを渡され、漢文にカナが附ってある経文を大きな声で読み上げます。周りの男女も大きな声で詠んでいるので負けじと大きな声で詠まないと負けてしまいます‥。あー疲れた‥。
それにしても、音でしか聴いていなかったお経(ex.般若心経とか)を文字で見るとチョイと意味がおぼろげに理解出来るような‥?それでも判らない様な‥?「ぎゃぁていぎゃぁてい‥」ってふ~ん‥
コレは、カソリック幼稚園出身のボクが音でしか知らなかった“お祈り”を、え~とヘミングウェイの『老人と海』なんか読んでいた時に、『めでたしせいちょうみちみてるまりあ‥』って言うのがカナ交じり漢字で書いてあって『ふ~ん』って感じだったのと同じですな‥

 

ひとしきり発声した後は、待ちに待った夕食です。
長座卓を皆で並べて、さてドウするのかと思ったら適当に並んで厨房から自分の膳を運びます。ボクら四人組は部屋は四人部屋を確保して貰っても食卓も折角だから一緒に食べたいと、並べた座卓に大胆に四人分の場所を確保する。まぁ、バラバラの方が他の参加者との交流が出来るんだろうケド、ウチのオヤジが他のヒトに迷惑を掛けてもイケナイし‥。って、ソウやって囲い込んでしまって可能性を捥いでしまっていたのかも‥?

 

ボクと助役サマで両親のぶんまで運ぼうと思って再度並んでいたら、誰かがりょうしんの膳を運んで来てくれた様子。ありがとう‥。やっぱり宿坊ヨガに参加するくらいのヒトは優しいね‥

 

イメージ 11みんあ揃ったトコで「いただきます!」でエボナイト製の朱色の食器に盛られた精進料理に挑みます。特に豪華ではないけど、質素でもない‥かな?質素か‥?
ウチのオヤジ曰く「コレで、¥12,000かい?」ってひと言‥
せっかく和やかに食事を始めた二十数人が凍りついた‥*2
「父さん、12,000円って言ってもヨガやらの参加費が3,000上乗せされてて、通常は1泊2食で9,000だったかな?思っても声出さないでよっ‥」って感じ‥。
お代わりするヒトが居ないので真っ先に山盛りでご飯を貰って来て、モリモリ食べた。まぁ美味しい‥

 

他の参加者もまだまだ打ち解けていないのか押し黙って黙々と食べているし‥
ん?もしかしたら食事中も禅の延長でペチャクチャ喋っちゃイケナイ‥?
取り敢えず隣の若い?夫婦連れ?に話し掛けてみる彼らも初めての参加だという。他のグループはボクの実家のすぐ近くから参加されているヒトも居たかな?

 

食後は、膳を厨房に運んで終了です。普段は住職しかいないのか判らないけど、手伝いをしているおじさんとおばさんが居ます。住職は単身赴任なのかな?大変だ‥

 

ん?文字数5,000越えですか‥
後半につづく‥

 

特に苦情を言って居る訳ではアリマセヌ‥ 見て感じたまま?
大日向山太陽寺宿坊泊《その2/2》怒涛の2日目につづく‥
≪1日目の残り≫夕食~入浴~就寝前ヨガ~就寝
≪2日目の予定≫早朝ヨガ~早朝座禅~朝食~法話~写経~など等‥午前中で解散しました。 

【追記】2018/11
Yahoo!ブログには『検索ワード』という‥『この記事になんて検索して到達したか‥』ってサービスがしばらくあるのだけど、この『検索ワード』にコンスタントに『秩父 太陽寺 きたない』と検索を掛けている輩が居るようで、なぜかこのボクの日記がヒットしているらしい‥。なんだろ?24時間風呂と精進料理の食器の洗浄状態と布団がチョッと不衛生な感じはしたけど、それも含めて“禅”の世界‥って諦めているけど‥。このコンスタントな検索はナニか他者の悪意のようなモノを感じるね‥。嫉みなのかな?googleの予測検索ワードの機能を利用していやがらせをしているんだろうな‥。負のエネルギーって底知れないね‥。
くわばら、くわばら‥
検索ワード『太○寺 きたない』? 検索ワードの悪意に気が付いた頃‥

*1:+_+

*2:+_+