牛歩村日記? Like a snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥

白馬岳大雪渓でのKY

 7月の24、25日と土日に久々に山案内の仕事が舞い込んだ。
ハナシがあったのは7月上旬だったけど、一旦人数が集まらないからって中止になっていたのだけど、一昨日になってハナシが復活っ!助役サマの御家族が遊びに来るけど、全てを助役サマに任せて案内業を快諾‥。まぁ、日曜は早く下山出来れば長野市で合流できるだろう‥

 秋田の旅行会社の御一行で55歳から72歳の6人パーティってコト‥
金曜の夕方に秋田空港から羽田着、夕食後に新宿から夜行バスで6時くらいに白馬岳の登山口である猿倉着。大雪渓経由で土曜は村営の頂上宿舎泊。翌朝に白馬岳を登頂して小蓮華岳を経由して栂池高原に下山する。その後御一行は小谷で風呂に入り、大糸線糸魚川に出て、夜行列車で日本海沿いに秋田まで帰るらしい。なんとも長い旅程、実質車中2泊の山小屋1泊だ。僕の親ぐらいの歳のヒトが多いけど、かなりな強行軍だろう‥。
 
 添乗員さんとの電話連絡で、上記のFAXを送って貰いまず下山後の入浴場所に下山口まで送迎させる様に依頼し、僕が何処で合流するか&解散するか‥を打ち合わせる。
まぁ、大雪渓はいろいろいわく付きナコースだけど、仕事の依頼があったのならしょうがない‥

 って今朝になってラジオのニュースを聴いていたら、『21日に大雪渓で落石があり1人死亡‥』って言っている。会社さっそく調べると下記の毎日と読売が配信している。地元ローカル紙は発表していない。かな?

<落石>76歳女性死亡 北ア・白馬岳
7月21日19時49分配信 毎日新聞

 21日午前10時半ごろ、長野県の北アルプス・白馬(しろうま)岳(標高2932メートル)の雪渓を登っていた高知市朝倉己、無職、中越敏子さん(76)に、斜面を落ちてきた直径約1メートルの石が当たり、中越さんは全身を強く打って死亡した。県警大町署によると、中越さんは21日朝、高知県内の仲間27人と入山し、山頂を目指していた。【大島英吾】

1メートルの石直撃、高知市の女性死亡…白馬岳
7月21日18時58分配信 読売新聞

 21日午前10時30分頃、長野県白馬村北アルプス白馬岳(2932メートル)の葱平(ねぶかだいら)岩室跡付近の雪渓で落石があり、直径約1メートルの石が登山していた高知市朝倉己、無職中越敏子さん(76)の体を直撃、中越さんは多発性外傷で死亡した。

 長野県警の発表によると、中越さんは同日朝から高知県内の山の会のメンバー計28人で登山し、後ろから4番目を歩いていた。ほかにけが人はなかった。 

う~ん。落石で死亡事故があったとしたら若しかしたら大雪渓ルートは“安全が確認できるまで”通行止めってコトがあるかと思って、知り合いに問い合わせると
「岩盤の崩落とか大規模な落石でもない限り、通行止めはない‥」とのコト‥
いわゆる落石に当たったのは運が悪かった‥ってコトで片付けられてしまう様だ‥

この事については以前から何度も書いて来た。疑問を尋ねたらあるNPOを実質更迭されている。
友人は、『大雪渓ルートは登山道と言うより産業道路なんだから通行止めには出来ない』と言う‥
長野県で盛んに行われる“学校登山”のルートからは外されたと聞く。子供が居ないので良く知らないけど、自分達の子供は危ないから通らせないで、県外から外貨を落としに来る登山者はたまに当たって事故があっても構わない‥運が悪かった‥って姿勢は全く変わっていない様子だ‥

 ソウは言っても、案内者として事故の3日後に同じルートを歩くのも考えモノなので、旅行を主催するヒトに栂池高原からの尾根ルートの往復を提案する。
 主催者はメンバーに当たってみるとのコト‥

さぁ、運悪く落石に当たってしまうのか‥自分に、自分の連れて歩くパーティに当たらなければラッキィ!って思って歩いていればいいのか‥人間として安全とは何かを考えさせられるコトになるだろう‥
イメージ 1