牛歩村日記? Like A snail's pace?

日々平穏に暮らしていれば、自から幸せになれると言いますが‥?いろいろ雑音が‥

自作コーンフレークとゲロッグ博士とか(CornFlakes & Dr.Kellogg)

余りに余っているトウキビの粒々なんだけど、以前から気になっている食品があった。
それは『CornFlakes』(一枚じゃないから複数型なんだろう‥)あれは、一粒一粒を潰して焼いたものだろう事は想像が出来ていた。だもんで、助役サマを焚き付けて作って貰う事に成功‥ プロデューサーは辛い‥
イメージ 1 イメージ 2
何枚か焼いてクッキングシート(ケーキ焼きに使う紙)に挟んだまま麺棒で潰す‥
イメージ 3 イメージ 4
それを電子レンジで乾燥‥ と思いきやそのまま“焼き”が入る‥
でも、Webで調べると粒々でなくても良さそうなので、フードプロセッサーで刻んで粗いペースト状に伸ばしてレンジで焼きをいれる‥
イメージ 5 イメージ 6
う~む‥快調‥。でも、レンジの時間が結構掛かり電気代が気になったりして‥。でも数枚焼ける‥。破片を口に運ぶ‥。ほのかに甘く香ばしい‥。甘くなくなったトウキビ粒を使用しているのに、甘くて皮のプチッと柔らかい時にフレーク状にしていれば‥
もっと美味しかったかも‥?まぁ、ソウは言っても『原材料、トウモロコシのみ‥』ってトコがいい
イメージ 7 イメージ 8
シリアル食は朝食って誰が決めたのか不明だけど、翌朝のメインに登場させる。
イメージ 9 イメージ 10
薄く焼けたフレークをバリバリと粗く砕いて、牛乳をかけて‥う~ん‥美味しい‥。久々に我が村らしい手造り食材で大満足‥
 さて、コーンフレークなるもの‥生まれてからまだ100年チョッととの事‥
19世紀の終わり、ミシガン州バトルクリーク(Battle Creek)のバトルクリーク・サナトリウム(Battle Creek Sanitarium)を監督していたケロッグ博士は、セブンスデー・アドベンチスト教会の教義に合致した、厳格な菜食主義の病人食を作っていた。ある日ケロッグと弟のウィル(Will Keith Kellogg)は、小麦粉を練ってローラーで引き延ばし、薄いパン生地を作ろうとしていた。しかし何らかのトラブルがあり、しばらく放置した結果、パン生地になるはずの小麦が乾燥してしまった。経済的な理由から生地を捨てずにそのままローラーで引き延ばしたところ、フレーク状のものができ、これが患者たちに好評だった。これは1894年4月14日の出来事とされる。兄弟は同年5月31日に、「グラノース(granose)」という名前でこの食品の特許を登録した。 兄ケロッグはこの後も研究を重ね、トウモロコシが原料として最適であることをつきとめた。ウィル・キース・ケロッグはコーンフレーク製造を1906年2月19日に事業化したが、コーンフレークの口当たりをよくするために砂糖を添加するか否かで兄と仲違いし(兄のケロッグ博士は、砂糖の摂取が性欲を増大させ、健康を損なうと考えていた)、兄弟は絶交した。ウィル・キース・ケロッグの起こした会社が現在のケロッグ社(Kellogg Company)である。これによりアメリカの朝食の形態は大きく変化した。 兄弟がこのような食品を開発した背景として、2人が健康と心霊的な理由から菜食主義を推奨しているセブンスデー・アドベンチスト教会の信者で、働いていたサナトリウムも教会の療養所であったことが挙げられる。《出典:Wikipedia

  ちなみにシリアル食のシリアルとは、ギリシャ神話の「大地と五穀豊穣の女神“デメテル”」のローマ名が『ケレス(Ceres)』。“シリアル(CEREAL)”はこの女神から派生した言葉と言われているらしい‥。

 ケロッグは僕も幼少の頃大好きで、青いゴリラがメインキャラの“コンボ”が大好きで、よく“おまけ”も当てていた‥
まさか、人の名前だなんて思わなかった‥社名が『Kellogg』ではなくて『Kellogg's』なのは兄弟を表しているんだろうな‥。

【参考資料】こんな映画もあったらしい‥ コメディみたいだけど‥
ケロッグ博士(The Road to Wellville)』(1994年、アメリカ作品)
日本ケロッグ高崎工場バーチャル見学突然音楽が出ます!
音楽の後にバーチャル工場見学のタブが現れるはずです。
コーンフロスティが出来るまで‥実写版
表示ページの検索欄に“コーンフレーク”と入力して下さい‥

語源とか由来とかには興味あるけど海外の社名って殆ど人名なんだね‥。地名も結局はそのヒトの領地で人名だし‥

シリアル食のシリアル(CEREAL)もギリシャ神話の五穀豊穣の女神“デメテル”のローマ名が『ケレス(Ceres)』の派生だってね‥。じゃ、最近のよく言う『シリアルナンバー(S/N)』ってドウなの?フレーク1枚1枚にナンバリングしてたとか‥?

‟シリアルナンバー”は‟通し番号、製造番号”の意味で、『シリーズ』=ひと続きのようなって意味の派生だって‥じゃあシリーズってナニってコトになるよね‥?それは‥繋がりを現す『sero』の複数形なんだって‥キリがない‥   

『コーンフレーク』とか『かた焼きそば』サクサク食感がしんなりする前にサクサク食べちゃうアノ食感の変化って好きだなっ♡

今の『サクサク』は食感とスピード感の韻を踏んでいるんだね‥。最近はグラノーラとかオーツ麦のオートミールとか回顧なんだか回帰なんだか‥ピッピ―ムーブメントが再度来ているみたいだよね‥                     知らんけど‥

いつものカリカリ餌にミルク掛けて貰えたら嬉しいんだけどね‥

f:id:gyuuhomura:20210627113643p:plain